全量買取制度

■全量買取制度の概要

全量買取制度とは太陽光や風力など、再利用可能エネルギーによる電力を電力会社が固定価格で全量を買い取る制度です。 従来は自己消費分を差し引いた余剰電力が売電の対象となりましたが、全量買取制度では、太陽光で発電した電気のすべてが売電可能となります。 2012年7月1日の制度スタートに伴って、非住宅向けの太陽光発電システムのさらなる普及が予想されています。

経済産業省「太陽光発電の導入シナリオ」

■全量買取制度の基本的な仕組み

電力会社は、再生可能エネルギー発電事業者より政府が定めた調達価格・調達期間による電気の供給契約の申し込みがあった場合には、応じるように義務付けられています。 全量買取制度では政府による買取価格・買取期間の決定方法、買取義務の対象となる設備認定、買取費用に関する賦課金の徴収、調整、電力会社による契約、 接続拒否事由などが規定されています。

全量買取システム図

■調達価格・調達期間

2015年度の再生可能エネルギーの固定価格買取制度について、 10kW未満の住宅用太陽光発電は出力制御対応機器設置義務なしの地域で33円/kWh(税込)・ありの地域で35円/kWh(税込)、10kW以上の産業用太陽光発電は27円/kWh(税抜)となっています。 なお固定価格買取制度は毎年、事業者の利潤(採算性)や賦課金の状況などで見直されます。

電力会社は、再生可能エネルギー発電事業者より政府が定めた調達価格・調達期間による電気の供給契約の申し込みがあった場合には、応じるように義務付けられています。 政府による買取価格・買取期間の決定方法、買取義務の対象となる設備認定、買取費用に関する賦課金の徴収、調整、電力会社による契約、接続拒否事由などが規定されています。

2015年度の再生可能エネルギーの買取価格
種類 単価 期間
10kW未満
太陽光発電
出力制御対応機器設置義務なしの地域 33円(税込) 10年
出力制御対応機器設置義務ありの地域 35円(税込) 10年
10kW以上
太陽光発電
2015/04/01 - 2015/06/30の期間 29円(税抜) 20年
2015/07/01 - 以降の期間 27円(税抜) 20年